こんばんはー。

結婚して4年弱だけども2K住まいの者です。

半同棲ってのもあるけど、2Kで困ってません。

 

 

が、嫁が引越に向けて強いフルレバロングポジションです。

 

今日はお昼から夜にかけて不動産会社にて物件探し。

そんな中、BTCは56万をあっさり突破してからのちょいガラ。

6月のビットコイン分裂問題を踏まえたガラの時は、元本割れのストレスがあったけど、今回の含み益の目減りはホントに気楽。

明確な下げ材料が無い調整相場って理由もあるかもしれん。

 

BTCのロングポジションが含み損だけど、ショートポジションと違って待ってれば上げるだろって安心感がある。ロスカットには注意せんといかんけどね。

 

 

戻って不動産の件。

自分の資産と嫁の資産+etc.で、築浅中古物件をローン短めで買ってもいいかなって考えと、不動産は負債でしかないから資産は投資に回して賃貸住まいにすべきって二つの相反する考えを持ってた。

 

ただ、米国株投資化たぱぞうさんのブログ記事を拝読してから少し考えが変わった。

フルローン&ペアローンで住宅ローン減税制度を利用して住環境品質を上げつつ、資産運用を続けるっていうパターンもいいなってのが最近の考え。

 

金利が1%未満(理想は0.5%前後)なら低リスクのインデックス投資信託で十分カバーできる。

住宅減税を合わせて考えればプラス金利と同義。

 

そんな事を考えながら、さっさと仮想通貨で億って、早期リタイアして、将来的に転売可能な一戸建て購入したいな~って妄想してる今日この頃。

 

思考は現実化する。

引き寄せの法則ってのもある。

皆様、ポジティブに生きていこうね~。